画像をクリックすると、拡大画像が別ウィンドウで開きます。
拡大画像をクリックすると画像が変わります。
CHUMBA WUMBA F4
チャンバワンバのダウンヒルバイクF4を、フロントフォーク FOX、ヘッドパーツ KING、ブレーキ フロント MAGURA、リア HAYES、ハブ HADLEY、クランク BLACKSPIREなどで組んでいます。
今回は、オーバーホールしました。
MANTIS XCR
このフレームは、マンティスが初めて日本に少量入荷したときの希少な1本です。
アルミのメインフレームに、クロモリのリヤバックをボルトオンで固定したハイブリッドフレーム。当時、クワハラやゲイリーフィッシャーでもこのようなハイブリッドモデルが発売されていました。
パーツは、当時最上級のサンツアー XC PROを使用しています。
KLEIN ATTITUDE
数年前に完成車を購入いただきました。
その後、パーツ交換を繰り返し、現在はフレーム以外のパーツは、すべてグレードアップされています。
購入時85kgあったオーナー様の体重は現在53kgです。
KLEIN ATTITUDE
アティチュード完成車に、ピンクのKINGヘッドパーツ、KOOWHOオリジナルカラーのSALSA FRIPLOCKを装着しました。
後日、シートポストもKOOWHOオリジナルカラーのTHOMSON エリートポストに変更しました。
CREDIT SLOPE STYLE
限定少ロットで生産された、クレジットのスラロームバイクです。
ブラックのフレーム、パーツの中にゴールドにアルマイト加工されたパーツが綺麗に使われています。
ORANGE PATRIOT
ダウンチューブ形状が特徴のオレンジ。
フリーライドからダウンヒルまでこなせるパトリオットをフロントフォーク FOX、ヘッドパーツ KING、ブレーキ MAGURA、ホイール MAVIC、フェンダー THEなどで組みました。
フロントギアを2枚にすることにより、登りもこなせて、下りを楽しめるバイクに仕上げました。
オーナー様は、富士見パノラマなどでダウンヒルを楽しまれています。
CHUMBA WUMBA PISTOL
チャンバワンバ ピストル ピート モデルです。当時、本人が乗るために数台作られた希少なフレームの1本です。
フレームのカラーリングに合わせて、一部のパーツをアルマイト加工しました。
チャンバワンバのブレースを付けたマルゾッキのフロントフォークは、インナーチューブを組換えて20mmアクスルに変更しています。
TURNER STINGER
ポリッシュのフレームをカスタムペイントしました。ダウンチューブのロゴは金箔を使用しています。
メインコンポ XTR、フロントフォーク ROCK SHOX SID、ヘッドパーツ KING、ホイール MAVICなどを使用しています。
フロントフォークも全体の雰囲気に合わせ、主張しすぎない色にペイントしています。
TURNER SIX PACK
6インチストロークのフリーライドフレーム、ターナー シックスパックです。
フロントフォーク FOX、ヘッドパーツ KING、ブレーキ MAGURA ルイース、チェーンディバイス BLACK SPIREなどを使用。
リアユニットは軽量のFOX DHX AIRに交換しました。
車重はそこそこありますが、ペダリングロスの少ないリアサスのおかげで登って、下れるバイクになりました。
TURNER FLUX
試乗車でターナー フラックスを組みました。
フレーム、FOXのフロントフォーク、新型XTRを良さを体感して下さい。
BACK NEXT
Copyright (C) KOOWHO Inc., All rights reserved.